Monkeys & Rabbits Visitorcentre ロゴ 沖縄の自然と旅行

home Mt.Fuji okinawa world library link shop about us You are here > okinawa

沖縄の自然と暮らし、そして旅

沖縄の自然と民俗文化を紹介しています

2005年、秋。
Monkeys & Rabbits は、これまでの富士山北麓に加え、
沖縄本島での活動も開始しました。
日々体感する琉球文化と亜熱帯特有の自然を、
私たちの視点で紹介してゆきます。

やんばるを旅する人のためのガイドツアー

JavaScriptを有効にすると写真が替わります

やんばるって、どんなところ?
そこで暮らす人々が大切にしてきたものとは?
その風土と文化を、旅するあなたとともに見つめる
ガイドツアーです。
やんばるの自然や文化を、
いっしょに体験しに出かけませんか?

ツアーは、やんばるビジターセンター
無償ボランティアにより催行しています。
対象は一般旅行者のほか、
沖縄県内在住の方の申し込みも歓迎です。

ガイドツアー詳細ページへ>>

旅の予習はこちらから・・・
「やんばる」についての概要を知りたい方は、
「環境省九州地方環境事務所」による紹介ページ、
“ようこそやんばるへ”をご覧下さい。

「今の時期、どんな服装で出かければよいの?」
同じ日本でもこんなに違う! 富士北麓と沖縄の 「月別平均気温」を見てみよう。

沖縄の風景をあなたのお手元に・・・ “やんばる ストック・フォト”

季節ごとに沖縄の風物を撮影した写真の販売を行っています。
グリーティング・カードやパンフレットなどの印刷物、
パソコン用の壁紙として、またプリントして額装するなど、
お仕事やプライベートでのご利用に希望の写真を探している方は、
やんばるビジターセンターのストック・フォトをご利用ください。

“ストック・フォト”を閲覧する。(別画面が開きます)

沖縄の映像と音風景を観る・聴く・・・ “やんばる ビデオ&サウンド”

自然風景、伝統行事、祭祀など、
やんばるならではの映像サウンドを求め、
日々フィールドワークを重ねています。
リンク先から様々なタイトルをお楽しみください。

“しまくとぅば”への想い・・・
風土をより深く知るために必要なもの。それは言葉です。
それは沖縄の場合、いわゆる琉球方言ということになるわけですが、
現在は日常会話において方言を使うことがしだいに少なくなってきています。
家族に年配者のいる環境で育った者はまだ話すことができるものの、
若い世代には、聴くことはできても話せない、さらには聴くこともあやしい・・・
という社会になりつつあります。

しかも、ひとくちに琉球方言といっても、
その多様性はまるで多くの島をもつこの国の性格を表すかのように、
沖縄島と宮古や八重山地方ではそれぞれ異なる上に、
沖縄島の中でも北部、中部、南部と、それぞれの地域で特徴を持っています。
さらに細かいことを言えば、各地域においても字ごとの特徴を
見い出すことができたりと、言葉は生きものであるかのように、
その土地に根付いた存在として時代とともに変化してきました。

自分の生まれ育った地域やその環境、沖縄ではそれを一般に“シマ”と呼んでいます。
そしてそこで使われる言葉、それが“しまくとぅば”です。
こちらでは、やんばるで開催されたしまくとぅばに関するイベントでの
あるスピーチの録音を聞くことができます。
内容を聴き取ることができるでしょうか?
時代に生きるナマの言葉を知る。
それが沖縄を知ることの第一歩に、きっとつながります。

再生はこちらから・・・

やんばるビジターセンターのブログ “やまつみ わたつみ”

やまつみ わたつみ

日本本土と同じであってどこかが違う、自然と人の暮らし。
そんな視点から、“シマナイチャー”の沖縄体験の日々をつづってます。
沖縄暮らしと旅行に欠かせない、気象、日の出・日の入り、月齢、潮汐、
旧暦カレンダー、星座
などの情報も、ブログからわかります。

“やまつみ わたつみ”が、携帯電話からも見られるようになりました!

携帯電話版URLはこちらから → 携帯版ブログURL

フォトギャラリー“やまつみ わたつみ”
“やまつみ わたつみ”に掲載した写真のバックナンバーを公開中です。
彩り豊かに輝く、やんばるの自然をお楽しみください。

ウージ畑の一年
「さとうきび畑を見てみたい・・・」
初めて沖縄へ観光に訪れた方からそんな声をよくお聞きします。
おそらく歌にある“ざわわ〜♪”のイメージを思ってのことでしょうか。
では、そのような光景はいつごろ見られるものなのでしょう?
また他の季節、畑はどのようになっているのでしょう?
近所の畑を一年に渡り撮影した様子をご覧下さい。
この植物が稲作に代わる基幹農作物として育てられた
沖縄ならではの環境や歴史を、そこに垣間見ることができます。

やんばる歳時記
“やまつみ わたつみ”では、沖縄で誰もがごく普通に見ることのできる
生き物や自然を、なるべく多く紹介するように心がけています。
こちらのページでは、人の暮らしといつも身近にあるそんな自然を、
季節ごとの歳時記としてまとめてあります。
「あの花の名前は?」「それはいつごろ見られるの?」
やんばるを散策する前や、気になるものに出会ったとき、
ちょっとのぞいてみてください。

沖縄ぱのらまアマクマ ・・・沖縄を「知る」ためのフィールド案内

沖縄のパノラマ写真

沖縄ぱのらまアマクマ
旅行前の参考に。または写真で旅行気分に・・・
県内各地の様子(その数100ヶ所以上!)をパノラマ写真で紹介しています。

こちらもあわせてご利用を・・・

気になるポイントは、“Googleマップ”を使って今すぐチェック!

>>Googleマップ 「沖縄ぱのらまアマクマ」を表示する(別画面で開きます)

あなたの行きたいところへ“たびあっちゃー”で御一緒しませんか?

沖縄3D(立体)カリクリ ・・・「アナグリフ画像」で見る沖縄のあれこれ

沖縄の風物をアナグリフ画像で立体視することができます。
お手元に観賞用メガネをお持ちの方はお試しください。
(写真は別画面で開きます)

石灰岩

さとうきび畑

がじゅまる

グスク

森 1

森 2

龍柱

ソテツ

ムービー「美ら海水族館」 ・・・人気の施設をダイジェストムービーで紹介

沖縄と言えば、やはり海とそれにまつわるものたちのイメージを
持たれる方は多いと思います。多くの離島と共に、まわりをぐるりと
海に囲まれ、旅をすれば必ずと言っていいほど、ビーチやリーフを
目にする機会があるはずです。
ただ、海は目の前にあるのに、その中の様子は一部のアクティブな人を除き、
地元の人でさえなかなか見たことがない、というのが本当の話し。
そんなとき、ちょっとだけのぞいて見ることができたら・・・
その希望をかなえてくれるのが水族館でしょうか。

2002年、国営海洋博記念公園にオープンした「美ら海水族館」は、
今や押しも押されぬ人気観光スポット。
77の水槽を、「さんご礁」、「黒潮」、「深海」の3つのテーマに分け、
南西諸島の海の様子を紹介しています。
合わせて、かわいいイルカ、ウミガメ、マナティーの展示館も。
ジンベイザメの巨大水槽ばかり注目されがちですが、
南の海にいる身近な危険生物や淡水生物を扱ったコーナーもおもしろい。
周囲の公園も含めると、歩いて回るにはかなり広大な敷地で、
「ちょっとだけ・・・」のつもりが、「1日じゃ足りない」ほど楽しめます。

海だけでなく、水族館にもなかなか足を運べない方のために、
中の様子を少しだけお見せします。

ムービー「やんばるの森」 ・・・私たちはなぜ守れないのか?

沖縄島北部一帯にひろがる亜熱帯照葉樹林。
そこは日本の自然の多様性を代表する場所のひとつであり、
また世界的にみても貴重な生物の生息地です。

しかしそこはまた、人による開発と自然がせめぎあう、
縮図のような場所にもなっています。
他では観ることのできない素晴らしい自然のすぐ裏にある、
広大な面積を占有する米軍の演習場や
網の目状に走り崩壊を繰り返す林道、
そして屍のような木々が散乱する止むことのない伐採現場の数々。
それらを同時に見ることができるのが、今の「やんばるの森」です。

様々な理由を唱え、あの手この手で多額の資金を投入する国。
共生と発展の並立という、もっともらしい二枚舌をつかうお役所。
就労や生活環境など、埋めることのできない都市部との格差。
立派なお題目を掲げ、行動の伴わない自然保護論者。
日常に追われ、事実を知ろうとしない、知らないふりをする市民たち。

国立公園や世界遺産としての指定登録を目指す動きも、
そして地域を経済的により豊かにしようとする動きも、
長期間にわたり行われているにもかかわらず、
それがなかなか叶わないのは仕方ないことなのでしょうか?

まず自らの現場に立ち、事実を見て、知ること。
目の前にあるものから、何かを感じ取ること。
そこから個人として判断し、行動を始めること・・・
誰かを「善」と「悪」という二者に割り切ることで
答えを得ようとしても簡単には解決できない、
いずれの社会にも共通する人間の持つ性や宿命といかに向き合うのかを、
この森の姿は、私たちに問いかけ続けています。

Trip Planner (沖縄本島版) ・・・自然、旅行、観光のためのリンク集

沖縄の旅行、観光に役立つデータを集めました。
旅行の計画をするとき、また旅行中にもご利用いただけます。

>>表示はこちらから(別画面で開きます。PDF形式ファイル・155KB)

沖縄そば ・・・沖縄で「そば」と言ったらこれ

沖縄そば

富士吉田がうどんなら、沖縄は何といっても「そば」でしょう。
県内外に多くの専門店があり、スーパー、コンビニ、弁当屋など、
どこでも買うことのできる、まさに県民食です。語りだしたら
止まらない、「スバジョーグ(そば上戸)」もたくさんいます。

名前は「そば」ですが、麺の材料はそば粉ではなく小麦粉。
それにかん水や灰汁を加え、仕上げに油をまぶすのが特徴です。
見た目は「ラーメンのようなうどん」と言ったらいいのか、
店によっても形は様々で、やきそばならぬ「やきうどん」のようにして
食べても、ボリュームがあって満足できます。
薬味はやっぱり「島とうがらし(コーレーグス)」でしょうか。

国頭郡本部町から名護市街へ通る県道84号線には
沖縄そばの店が集中しており、通称「伊豆味そば街道」と呼ばれています。
いずれの店でもこだわりや味わいのあるそばを作っているので、
食べ歩きしてみるのはいかが?
人気のある店だと11時前後に開店して14時頃には売り切れ、
そのまま閉店という場合もあります。お目当ての店があるときは、
営業時間、休業日など、確認してから出かけるとよいでしょう。

>>「伊豆味そば街道」マップを表示する(別画面で開きます)

Copyright(C) Monkeys & Rabbits Visitor Centre, yamano-denkiya. All rights reserved.